haconiwa
  

 2018.2月に『bakuチャンネル-YouTube』を開設しました。
 詩歌・詠み歌集・短歌・俳句 を盛り込んだブログ風散文詩。短編小説を投稿します。
 ①文章テロップ+BGM ②AI音声朗読+文章テロップ の2種類を制作。

haconiwa
haconiwa

  YouTubeブログ、詠み歌集:詩歌・短歌・俳句メニュー    ⇩ メニューバー
   タイトル 又は YouTube小窓 をクリックしてお進み下さい
 京都夜話・此岸椿(22分59秒)  AI音声朗読vol 1 キャラクター:せいじC(早め 話速 1.06 声質 0.60)⇐クリック
  辻で見た花椿。それは現のものか、はて、六道の辻あたりから飛んできた幻を見たものだろうか……。日もとっぷり暮れかかる逢魔時。子供の頃なら一陣の風に物の怪を感じるものか、ちょっと怖くなって、街に点いた明かりを頼りに家路を急いだものだ。 では、今はどうだろう……。今宵、京都の街を歩く男には既に何か起きる予感があった  (投稿日 2018.02.20) 
 京都夜話・此岸椿(23分06秒)   文章テロップ+BGM vol 1 ⇐クリック
 
 朗読はありません。BGMを聞きながら、テロップ文章ををお読みいただくスタイルです。(投稿日 2018.02.20)
 来春よ、こい、……(4分38秒)   AI音声朗読vol 2 キャラクター:ななこB(普通 話速 1.00 声質 0.70)⇐クリック
 日々上書きされる現実があるでも忘れたくないあの頃があるから、ささやかな奇跡は起こるのだろう
 母の居たあの頃恋人とデートの日懐かしい記憶のあれこれが今から始まる朝のように感じる目覚めです
 来春よ、こい、……(4分38秒)  文章テロップ+BGM vol 2 ⇐クリック
   
 朗読はありません。BGMを聞きながら、テロップ文章ををお読みいただくスタイルです。(投稿日 2018.02.20)
 来宮神社・春の雨(6分38秒)   AI音声朗読vol 3 キャラクター:せいじA(標準 話速 1.00 声質 1.00)⇐クリック
 雨の日の憂いは僕を孤独にさせる。良い想い出さえも価値が無い。ただ現実と向き合えと勧めるのだ。僕は生きている。生きようとするから見えるものが有る 憂鬱な雨の中に暖色の光を見つけると、僕は、希望が漲り勇気さえ湧くのを感じた。明日はきっと、夢を描き思い出を作るためにあるのだと。すると路傍の草木が雨露を弾いて、背筋を伸ばすように明日を窺っていた。
 来宮神社・春の雨(6分38秒  文章テロップ+BGM vol 3 ⇐クリック
 
 朗読はありません。BGMを聞きながら、テロップ文章ををお読みいただくスタイルです。(投稿日 2018.02.20)
気儘な僕時間(5分37秒   AI音声朗読vol 4 キャラクター:かほ(普通 話速 1.00 声質 0.60)⇐クリック
 

 夏でも一階の居間はわりと涼しいうたた寝から目を覚まして欠伸を一つテーブルの上に木漏れ日がゆらりきらきら戯れている
 何処かで見た安堵が込み上げてきたので僕は五臓六腑に飲み干した

 肥薩線嘉例川駅(6分16秒   AI音声朗読vol 5 キャラクター:のぞみ(普通 話速0.90 声質 1.00)⇐クリック
   鉄路は広い見晴らしを求めて、山を二つに割き真直ぐにときに蛇行し、一路空に向かって伸びているかのようです。
 爽籟(そうらい)の 耳に山鳥 やまの駅… ※山鳥=ヤマドリではなく、山に棲む鳥の意
 秋の空は高く澄んで、聞こえるのは山に棲む鳥の爽やかな鳴き声ばかりです。それは、どこかで出会ったような長閑さでした。
桜島で何故か軽井沢(8分29秒   AI音声朗読vol 6 キャラクター:かほ(普通 話速1.00 声質 1.00)⇐クリック
    目を閉じれば、ほら、首を垂れた稲穂を愛でるかのように赤蜻蛉が、みな親げに集まってくる……。
 
楽しい事ばかりではないにしろ、我が人生には節目という千秋楽がいくつかあり、千にも増して折々に心を温めてくれる思い出がある。
二ノ瀬から市原を歩く(9分47秒)  AI音声朗読vol 7 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
 
 古都に、季節に、そして町の息吹を運ぶ電車に乗って、電車のある風景のカレンダーを買う何故かこの時期になると血が騒ぐんです。
 これも、立派な恋煩い?……なんてね(笑)。
奈良の鹿に惹かれて…(8分47秒)   AI音声朗読vol 8 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
 
 私のように例え観光であっても、善光寺参り然り、仏心が顕在に現れたみたいでちょっと嬉しかった。二度の戦禍を乗り越え法灯を繋げた高僧の崇い行と、脈々と拝す人の徳があってこそと、新たかに思いました。
五条坂から清水へ(7分48秒)   AI音声朗読vol 9 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   

 小春の陽気の中、五条坂を歩きだすとすぐ。朱色の三重塔が姿を現します。
眼を奪われてしまう
と、自然に茶わん坂に入っていました。
 ひょっとして私は、この道が好きかも知れない。

新年詠み歌 2019(11分16秒)   AI音声朗読vol 10 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 題材は時代背景でもある、私を含めた単身高齢者としての気の持ち方で、前半はAI音声キャラクター三名の、会話仕立てにみました。
 今回は変則 一人詠み連歌に挑戦します。さて、うまくいきますでしょうか……。あくまでも素人に毛の生えた一人遊びの一芸ですのであしからず、でござんす。
興福寺から猿沢の池(7分58秒)   AI音声朗読vol 11 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
    雲の多い冬の日の午後でした。陽は遮られ夕暮れかと思わせては、時に雲の切れ間から明るさを増すのです。それはどこか得体の知れぬ気配で私を誑かそうとするかのようでした。明暗は相対であり、場合によっては今でも軽い闇を意識することがあります。であればこそ、あるべき姿を保つこともできるし、幸いこの怪しさは、私が負に傾かないことに比例して、末には茜空となり決して不吉に振れることはありませんでした。
都内経由で羽田へ(8分56秒)   AI音声朗読vol 12 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   沖縄に行きました。
  今年の春も、そこまで来ているような陽気です。子供の頃の想い出を季節に例えるなら浅き春でしょうか。中央線神田経由で東京モノレールを使い羽田に行きました。
 お茶の水、神田、浜松町で途中下車。特に中央、総武線は私にとって懐かしい存在で、その場所を通過しているだけで子供の頃遊びに行った千駄ヶ谷の屋内温水プールや、市ヶ谷の釣り堀の記憶などが次々によみがえります。
 国際通りを歩く(9分52秒)  AI音声朗読vol 13 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 国際通りを牧志から県庁前まで歩きました。日中の気温は20℃くらいでした。歩くには長袖シャツ一枚で丁度でした。最低気温も12℃前後ですから、ー3℃前後になる我が町とは差は明らかで、椰子の木を見れば南国ムードは全開です。
 それにしても空の旅は早い。寒さ逃れ暖かな沖縄まで僅か一時一眠り。夏は我が町で、冬は沖縄で暮らせたらいいのにゃー。と、私の猫脳が申しておりました …(笑)
 伊豆山神社(8分48秒)  AI音声朗読vol 14 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
 
 2017年の早春でした。うずうずする季節の待ち遠しさから、花粉症を押して熱海の梅林と河津桜を見に行くことにしたんです。
 最初の目的地の伊豆山神社に向かいました。早川から国道135号線の海岸道路に出るころには、断続的な驟雨となり特に風が強かった。
宍道湖夕景(9分10秒)   AI音声朗読vol 16 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 松江は雨が多いという。梅雨入りはまだと言うのに、旅の三日目の天気も雨時々曇りでした。出雲大社と松江城の観光をした後、早めに松江駅に着いたので、山陰本線で出雲市まで足を延ばしてみました。天気はもう諦めていたのに、天使の気まぐれか。宍道駅あたりで突然車内に日が差し込んできたんです。
 高松・令和初旅(7分45秒)  AI音声朗読vol 17 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 旅好きなのに、歳のせいか計画するのが億劫になることがある。旅行前の期待感というか気持ちが今一つ盛り上がらない。はて、子供の頃の遠足前夜の興奮は、何時頃まであっただろう。
糸島の海、そして唐津(7分25秒)   AI音声朗読vol 18 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
 
 宿の七階の部屋は公園に面している。朝曇の気だるさの中、蝉の声の抑揚が夏旅の最中であることを、目覚まし代わりに八分くらい充填していた……。
 寅さんと下灘駅(7分25秒)   AI音声朗読vol 19 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 寅さんは大洲で恋をする。お相手は百合の花の様な人だった。いやさ、百合の花は寅さんの心映えでもあろうよ……。
西郷洞窟・城山(9分44秒)    AI音声朗読vol 20 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 国道10号線に入り重富を過ぎると、錦江湾と桜島が目に迫る景色に一変する。白濱神社のバス停傍の駐車場に車を止めて休憩を取った。九月の薩摩の空は未だ力強く、立ち上る雲が日差しを薄めている。・・・・・・・・・・・・・・・・・
 北九州旅行記2019(8分44秒)  AI音声朗読vol 21 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
 
 ノーフォーク広場の先に、関門海峡に面した和布刈神社がある。神社と並んで高く茂る木々に隠れるように、通り沿いにほんの少し賑わう売店があった。前の停留所で数人がバス待ちをしていて、今にもボンネットバスが現れそうな風景は、あの日の印象そのままだ。
 蹴上から南禅寺へ(9分37秒)  AI音声朗読vol 22 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 市営地下鉄東西線の蹴上駅で降りて三条通を少し下ると、右側に「ねじりまんぽ」という古いレンガ造りのトンネルがあった……
 乗り継いで姫路へ(9分54秒)  AI音声朗読vol 23 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 のぞみ225号に新横浜から乗り込んだ。もう頑張らなくてもいいんだ。そんな解放感を手にしていることがまだ不思議でしょうがなかった……
乗り継いで姫路へ(10分49秒)   AI音声朗読vol 24 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 あれから長い歳月が流れた。やわらかな春の日差しに今と昔の隔ては無い。記憶は歳を取ると新旧の順序を曖昧にする。肩を撫でる風が拍車を掛けるように懐かしさを助長するものだから……。
 函館・マッハ0.8の翼で(9分38秒)  AI音声朗読vol 25 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 カーテンを開けると朝の日差しが眩しい。今日は函館に旅行に行く日だ。気ぜわしく朝食をとり時間に合わせて家の鍵を閉めた……
 松江・塩見縄手を歩く (9分17秒)   AI音声朗読vol 26 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 ぐるっと松江レイクラインという、チンチン電車の様なバスに乗った。運転手さんの話だと、散策なら小泉八雲記念館まで行って、堀川沿いを塩見縄手、松江城の大手門に戻りながら歩くとよいと言う。
  松山城・無口忘れて… (9分59秒)  AI音声朗読vol 27 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 夏は能動的と言うか、ちょっとした会話がいい刺激になる。無邪気な子供の頃のはしゃぎにも似た嬉しさだ。思いがけない一会は何処か涼風のように、普段の無口を蹴散らして心地よく通り過ぎて行った。
箱根湯本から早雲寺へ (9分51秒)   AI音声朗読vol 28 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
 
 朝は早雲寺の駐車場から箱根湯本駅まで歩いた。表表紙と裏表紙。景色の印象は行きと帰りでは別人ほどに違うと思うことが有る。
 往きは乗り鉄、撮り鉄に気が逸り、還りは20年振り以上の箱根歩きにちょっぴりおセンチになったせいもあるのかな……。
 谷山街道を南下し指宿 (10分18秒)  AI音声朗読vol 29 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
 
 早朝。海側を見渡せるホテル9階のエレベーターホールから眺める錦江湾は鏡のようなベタ凪で、桜島との取り合わせは絵画を思わすような静けさだった。
 バルコニーに出るとなお風が気持ちよく、朝曇りの空がこの日の暑さを予感させた

 金沢茶屋街慕情 (10分12秒)  AI音声朗読vol 30 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 稽古だろうか。三味の音が何処からともなく聞こえ、幽かに揺れる柳の風情が私の感受性を強く刺激した。あの人に恋をした日の慕情を揺さぶるかのように。……
  晩秋・八瀬から叡山へ (10分19秒)  AI音声朗読vol 31 キャラクター:せいじ(普通 話速1.06 声質 1.00)⇐クリック
   
 2017年.季節のトリを飾る錦秋の八瀬に着きました。八瀬は矢背(癒背)とも言い、壬申の乱で背中に矢傷を負った大海人皇子(天武天皇)が八瀬の釜風呂で傷を癒した故事に由来するという。……
 短編小説・此岸椿2021  語り手の私=永合ななこ・津山慎吾=永合せいじA・塩谷響子=永合かほ
 
 ブログ風短編小説『此岸椿』はYouTube2018.04.26)デビュー作ですが、俳句、短歌を小見出し17分割構成として、インスタ、アメブロ、ユーチューブ共用にリメイクしました。
 随想・山中鹿之助と月山富田城  AI音声朗読vol 33 キャラクター:ななこ(普通 話速1.00 声質 1.00)⇐クリック
 
 2016/05.13月山富田城跡の花の壇まで行って5年経ちました。2017/06/17の「月山富田城」のリメイクになりますが、今回は松本清張著(山中鹿之助)を歴史背景として随想風に書き直しをしました。
 小説 箱庭の恋 迷い~膨らむ蕾  AI音声朗読vol 34 キャラクター:ななこ(普通 話速1.00 声質 1.00)⇐クリック
 
 人生百年時代。一人暮らしの高齢者数は平成27年度の全国統計で約600万人だそうです。筆者も例外ではなく、多様性の老後の一つの在り方としてこの小説を書きました。
 小説箱庭の恋・迷い~膨らむ蕾は物語の中盤にあたります。
 初老の純と鈍が入り混じった今一つ冴えない男性・和泉康平と、若くして事業で負債を抱え風俗に身を投じた責任感の強い女性、麗こと三枝由美子の出会いと恋愛の物語です。
 京都・僕時間  AI音声朗読vol 34 キャラクター:ななこ(普通 話速1.00 声質 1.00)⇐クリック
 
 自由詩と定型詩のコラボ
   
   




035 京都・気儘な僕時間 AI音声朗
034 小説 箱庭の恋 迷い~膨らむ蕾
033 随想・山中鹿之助と月山富田城
032 短編小説 此岸椿 2021 十句七首
031 晩秋・八瀬から叡山へ AI朗読
030 金沢・茶屋街慕情 AI朗読
029 谷山街道を南下し指宿へAI朗読
028 箱根湯本から早雲寺へAI朗読
027 松山城・無口忘れて…AI音声朗読
026 松江・塩見縄手を歩く AI音声朗読
025 函館・マッハ0.8の翼で AI音声朗読
024 青春・長篠の旅 AI音声朗読
023 乗り継いで姫路へ AI音声朗読
022 蹴上から南禅寺へ AI音声朗読
021 北九州旅行記2019秋 AI音声朗読
020 西郷洞窟・城山 AI音声朗読
019 寅さんと下灘駅 AI音声朗読
018 糸島の海、そして唐津 AI音声朗読
017 高松・令和初旅 AI音声朗読
016 宍道湖夕景 AI音声朗読
014 熱海・伊豆山神社 AI音声
013 沖縄の旅・国際通りを歩く AI音声
012 沖縄の旅・都内経由で羽田 AI音声
011 興福寺から猿沢の池 AI音声朗読
010 新年詠み歌 2019 AI音声朗読
009 五条坂から清水へ AI音声朗読
008 鹿に会いたくなって AI音声朗読
007 二ノ瀬から市原を歩く AI音声朗読
006 桜島で何故か軽井沢 AI音声朗読
005 肥薩線嘉例川駅 AI音声朗読
004 気儘な僕時間   AI音声朗読
003 来宮神社・春の雨 AI音声朗読
003-2来宮神社・春の雨 文章テロップ
002 春よ、こい、……  AI音声朗読
002-2春よ、こい、……  文章テロップ
001 京都夜話・此岸椿 AI音声朗読
001-2京都夜話・此岸椿 文章テロップ

























































      ページトップへ